契約や消費に関する相談を受け付けて

曇天の日や雨が降っているときなどは、晴天時に比

契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみの不満やトラブルの報告があがってきます。そして個人から業者への売却に関する事例は増える一方です。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するのが大事です。
諦めてはいけません。

車を売る時に気にかかるのは、自分の車がどれくらいの値段で売れるものなのかということでしょう。
当然、固体別に差があることはわかりますが、車下取り相場表みたいなもので、売る前に確認できると、危なげなく話を進めることができると思います。



妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、いままでより大きな車に買い換えました。いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが下取りなんて初めてでしたし、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で簡単にOKしました。
家に帰って中古車買取サイトを見ていたら、けっこうな高値で、先週の週末にでも中古業者の買取査定を受けていたら、もっと違ったのかもしれないといまだに後悔しています。
車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。
ただ、車両の名義を変更する必要がありますから、もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。名義変更代行の手数料については、査定価格から相殺してもらうのが一般的で、そうでない場合は契約書を記入したときに別途支払うこともあります。



定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。


また、手続きの際には「印鑑証明」「住民票」が欠かせませんので、取得費として印紙代がかかります。自治体によって差はありますが両方あわせても1000円未満でしょう。中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、または取引の後に、こっそりと減額されていたという話を友人から聞いた事があります。車の引き取りをした後は、減額をしないというのが一般的です。


判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、正当な理由によって減額する事になったのかなどで対応できる事は違うものになります。どのような理由でも、納得ができないという場合には買取キャンセルをして、一度取引を白紙にしてしまうのも効果的です。


どんな場合でも一緒ですが、「契約書」の中味を充分に把握することは、車関連の話に限定されることなく売り買いをするうえでの重要項目です。
自分が署名をして印鑑を押した瞬間から、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。
契約書に書かれた自動車の状態に問題はないか、肝心なお金に関する部分で不明瞭な点は無いか、よく読んで確認してください。



疑問点が生じたら遠慮せずに担当者に相談して解決する姿勢も大切でしょう。

実際のところ、夜間での車査定が良いのかといいますと、それは違うと思います。
暗いうちに査定を受けるということはそれだけ買取業者も慎重にならざるを得ませんから、想定より逆に、低い査定額になってしまうことだってあります。
仮に、夜間での査定が高く見積もってもらったとしても、ボディの傷や劣化が見つかればのちのち減額されてしまいますから、明るいうちに受けられるよう、予定を立てておきましょう。大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、洗車済みであろうとそれが直接買取額に反映されることはまずないでしょう。持ち主が行う程度の清掃であれば、誰にでもできるのですから仕方がないことです。しかし掃除が無意味だと言う人は少ないです。訪問した時に査定対象の車が清潔でピカピカであれば、大事に乗っていたのだろうと思われますし、車の値付けや取引をしているのは人間ですから、誠意を見せれば結果はプラスとして戻ってくる可能性があります。中古車を売却するときに車検が1年1ヶ月以上残っていると、査定を担当する担当者にもよりますが、数万円程度プラス査定になることが多いです。でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは車検までの残りがあったとしても見積もりに影響しません。車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、売却する前に車検を通したとしても事前に車検をするのにかかったコスト以上の金額が見積価格にプラスされることはありませんから、売却前に車検を通してから査定してもらうのは意味が無いといえるのです。車を売る場合には査定に車を出すことが多いでしょう。注意しないといけないことは悪徳業者を利用することを避けることです。


スタートから悪徳業者だということを認識して査定依頼する方は考えにくいですが、気持ちよく取引するためにも有名なところに売るというほうが安心です。