消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、

なるべく手持ちの車を高く売ろうとして車の買取店と査定

消費(購入)が専門と思われがちな国民生活センターですが、中古自動車に関連した相談が寄せられています。

特に中古車売却についての事案は増加中で、一向に減る気配が見られません。例えば一括査定サービスを使ったところ、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、居座られて契約をせざるを得なかったなどです。

悪質な業者に当たったときなどは、かならず誰かに話を聞いてもらうようにしましょう。


業者による車の査定の際は、車を丁寧に洗車し、車内の掃除も済ませましょう。車の査定を実際に行うのは人なので、汚いまま酷使された車より丁寧に扱われたきれいな車に気持ちを入れたくなるというものでしょう。そういうことだけでなく、車を洗っていない場合、へこみや傷があるかないかをちゃんと確認しづらくなり、査定額が減る場合があります。それと車を洗う際、外装のみならずタイヤまわりなども汚れをきちんと落としておきましょう。

中古車売買の金額をアップさせるために買取業者と査定額の交渉を自分でするときに大切だと思われることは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。交渉前に査定相場をチェックしているのなら構いませんが、確認してないのならば実際の査定相場よりもグッと低い金額を自分から言ってしまう可能性が出てくるので、そのような場合は損するのは目に見えていますね。


査定金額についてちょっとでも業者と交渉しようと考えているならば、交渉前に充分に下調べしてから行かないとみすみす損をしますよ。初めて車検を受けて国に登録した年を初度登録年といい、その年から経った年数で5年落ち、10年落ちなどと呼びます。実際には製造年からカウントするのでなく、車検証の「初度登録年月」ですからうっかり間違えないように気をつけましょう。年式の古い車は査定額が落ちるのが普通で、10年目からは減額査定も著しく、非常な安値で取り引きされます。中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、購入者視点で考えると10年落ちで安い価格帯になっている車の中には状態の良いものもあるわけで、探し方次第では掘り出し物が見つかるかもしれません。

何社かの買取販売店から査定をしてもらうことを一般的に相見積もりを取るといいます。相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、ネットで行う無料中古車一括査定サイトなのです。一括査定サイト以外にも相見積もりという言葉を使うことがあり、時を同じくして多くの買取業者に売却希望車を実際に見積もってもらって、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。買取業者の中には相見積もりを嫌がるところもありますが、多くの店舗で相見積もりが可能なはずですよ。



大方の業者には当てはまらないことですが、ごく一部に見られることですが、極悪非道なことをする業者も紛れています。手口の例としては、見積もりを申し込む時に、見積もりの後に車を持っていくことが可能ならば査定金額を高く出来ますなどと言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車を引き取ったは良いが料金は支払われずに、連絡先もなくなっているという詐欺の手法が存在します。一般的に行う契約手続きを踏もうとしないでなぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意してください。車を売却するときに、車検切れの場合にどうするのか迷うことがあります。



少しでも高く車を売るためには車検に出した方が良いのではないかと思うかもしれません。
でも、それは違います。

もし車検に出しても、割に合う査定額の上乗せは望むことはできません。車検が切れたままで査定を受けた方が総合でみてお得なのです。事故によって車を修理した時は、正式には事故車とは呼ばず修復暦車といわれています。

こういった場合、車買取業者の査定において、査定の金額が大幅に落ちてしまうひとつの要因となります。


ただし、軽い事故による修理した場合、稀に修復暦車とされずに通常通りの査定となる車も存在します。



普通は、中古車売買に於いて査定書等の発行はされないことが多く、査定書を望んでも発行してもらえない場合が多いのが現状です。

例えば遺産相続に関してや、自己破産の際に必要になる資産証明などで車の査定額がハッキリと分かる証明が欲しい時には、日本自動車査定協会(JAAI)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。



日本自動車査定協会の事業所は国内に50ヶ所以上あって、有料での査定になっています。また注意したいのが、あらかじめ予約制となっていることです。個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、買取業者への売却かディーラーによる下取りではないでしょうか。

売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて金額を競わせ、高い買取額を狙うというのもありです。

ではディーラーによる下取りはどうかというと、価格を比較する相手がいないので競争による高値買取りのようなものは期待できません。そのかわり同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。
一概にどちらが良いかは言えません。