「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが

最近の車査定の進め方は、昔とは大きく様変わりしており

「修理歴車」は通常、事故車と呼ばれていますが、査定時に大きく減額されてしまう元となってしまいます。



かといって、査定前に修理したことがある全部の車のことが修理歴車として扱われるというわけではないのです。車のボディの骨格にまで修理がされていなければ、車体の傷やへこみを板金塗装したりドア交換したりしても修理歴車とは呼ばないのです。



しかし、修理歴車という扱いは受けずとも、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

車の売却に関して、車検期間がほとんどそのまま残っている場合には、プラスの評価をされることがほとんどです。

しかし、残りの期間が一年以内になってくると車の評価額も目減りしていき、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと既にプラス査定は期待できなくなります。そうはいっても、見積金額を高くしようと考えて売却前に車検を通すことはあまり意味がありません。
二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、見積金額の上乗せ分の方が車検費用以上に高くなる事は無いからです。愛用の車を廃車にする際に自動車税が還付されますが、車買取に出した時にも還ってくることをご存知でしょうか。車を手放す時に、残存分の自動車税を返金してもらうことが可能になります。逆に中古車を購入するするときは、次の年度までの期間に合わせて払う必要があるということですね。中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのが中古車販売店勤務の営業マンの仕事でしょう。

販売店のスタッフの話をまるっきり信用してしまうのも考え物で、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。
前もってその車の査定金額の相場がどのくらいの金額になるかを下調べしておいて、事前調査の価格よりも低く提示された場合に自分から交渉する心構えをしておくと従業員の売り文句に一矢報いることが出来るかもしれません。車の査定をして欲しいけれど、個人情報は教えたくないという人も多いでしょう。


でも、匿名で車の査定をするのは難しいです。メール査定であればできそうだと思いがちですが、残念ながら必要最低限の個人情報は入力しなければならないので、匿名は通用しません。車を査定してもらう際には、必ず個人情報を相手に開示する必要があります。中古車を少しでも高く査定してもらいたいときには、これから査定に出すぞというときに思いっきりクリーニングしておくと良いでしょう。

修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、ちょっと見ればすぐに分かってしまいます。ですが、車の悪臭や車内のシミ、汚れなどは幾らかは個人個人で対処することにより消すことが出来るでしょう。

とりわけ、車の中で煙草を吸う習慣があった人は、煙草の臭いがあると査定額が低くなることもあるので注意が必要です。車の買い替えをするなら、出来るだけ高く買取をお願いしたいものです。



業者との交渉にあたり、「その時点で納車できる」ということは、売り手側のプラス材料になるようです。

そういう訳で、試算の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書をすぐに出せるようにしておくことを提唱します。

車を買い取ってもらうなら中古とはいえ、そこそこの値段はつけてほしいものです。



ちょっと手間はかかりますが複数の見積りを取り付けると良いでしょう。営業が一社だけだと、金額を提示したあと「上司に相談します」、上乗せして「がんばりましたこの価格」とやってのけるのですが、それって営業手法なんです。あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。

どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないと思ったほうが良いのではないでしょうか。


営業マンには複数の会社から見積りを取っていることを伝えて頑張ってもらい、これなら売ってもいいと思う業者を選べば、あとになって後悔することもありません。

中古車買取店に車を売るためによくある一括査定サイトなどに登録すると、ぜひ訪問させてくれという電話がたくさんかかってくるでしょう。

現実的な対策としては、各社からの連絡先に電話ではなくメールを指定できるサイトに最初から絞ることです。すべての中古車屋がそうだというわけではありませんが、勤務中でも夜でも一切顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。メールでの連絡に限定すれば、いつ連絡があろうと気を使わなくて良いのです。動かない車は買取もできないんじゃないかと思っておられる方がかなり多いですが、故障して動かない車でも、買取を行ってくれるところはあります。一見、動かない車に価値なんてないように思いますが、動かなくとも価値はちゃんとあるのです。

そこに使用される部品は再利用ができるようになっておりますし、素材が鉄でできている車なので、鉄として価値がちゃんとあります。