買取業者などが中古車の査定をする場合

買取額を少しでも高くしたいなら、何よりも買取先をよく考

買取業者などが中古車の査定をする場合に絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。この資格は日本自動車査定協会(JAAI)によって認定される資格であり、大型車、小型車の二種類存在しています。 (さらに…)

カービューの査定をするときに、例えば、カーナ

すでに支払った自動車税が月割りで還付される

カービューの査定をするときに、例えば、カーナビなどの付属品があると査定金額が高くなることが多いでしょう。但し、古い車種でなければすでにカーナビは付いているのが当然ですから、最新式のカーナビでない場合には大きく見積額がプラスになるとは思えません。 (さらに…)

無料一括査定サイトを使う場合には、提携業者を見極めましょう。

中古車を買い取る業者に車を売りに出すとき

無料一括査定サイトを使う場合には、提携業者を見極めましょう。



様々な一括査定サイトの中には、自分が暮らしている地域に対応していないといったようなマイナー業者ばかりの場合もありますし、売ろうとしている車種の買取を不得手としている業者もいます。 (さらに…)

愛車を買取に出す場合、一社だけでなく複数の業者の査定を受けるのが

愛車のekワゴンを7年ぶりに手放すことにして、下

愛車を買取に出す場合、一社だけでなく複数の業者の査定を受けるのが鉄則ですが、いざ業者を決めた後、他の業者にはどう言って断ったものか思いつかない人もいるかもしれません。


しかし、断る方法は単純で、もっと良い額を付けてくれる業者が他にあったのでと堂々と告げてよいのです。 (さらに…)

よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の

買取を決めた後、やはりやめたいという場合、早いうちな

よほど注意して乗っていても自然に出来てしまう程度の軽い傷やへこみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、あまり神経質になることはありません。

反対に、爪がかかるくらいのキズや充分に分かる程度のへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、マイナス査定されるのを避けようとして自らお金を出して修理しても修理費以上に査定額がアップされることにはなりません。 (さらに…)

注意して車に乗っていても自然に付くほん

前、乗ってた中古車の買い取りを依頼する

注意して車に乗っていても自然に付くほんの少しのへこみや薄い傷などは、マイナス査定にならないケースがほとんどですから、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。
例えば、キズに爪が引っ掛かるほどのものや目でハッキリ分かるへこみがある場合、さらには塗装がはがれていたりすれば査定はマイナスになるでしょうが、査定が低くなるのを避けるために自分で費用を出して直したとしても自分で出した修理費用より査定金額の方が高くなる事はないのです。 (さらに…)