もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、

普通、事故者とは、交通事故などで傷ついた

もしも、車の査定金額が下がる可能性があるとすれば、1年間の走行距離が平均1万キロ以上である、その車体のカラーが流行っていない、傷や汚れが目立つ、付属品の破損がある、喫煙をされていたというようなことがあります。そして、修理をされたことがあるということも査定金額への関連が大きいと言えます。 (さらに…)

ごく一般的に事故車というのは、交通事故などで傷ついた車全般を

どんな場所にいても時間を選ばずにネットを使って直ぐ

ごく一般的に事故車というのは、交通事故などで傷ついた車全般を言うのですが、これを中古車査定で使う場合には違うのです。

車査定の場合の定義だと、交通事故などを含み自動車のおおもと部分を交換しているか、修理したものを事故車と呼ばれるのです。 (さらに…)